事務局
テレワーク
サービス

少人数で質の高い
会運営を実現

事務局テレワーク
サービスとは

本業の大半とそれを支える日常業務のために、
同じ時間と場所に出社して仕事をしなくても
これまで以上に生産性と情報の安全性を高めることができる
事務局の仕事場サービスです。

「働き方改革」で言う日常業務とは
「働き方改革」で言う日常業務とは

サービスイメージ

事務局テレワーク
サービスのイメージ

事務局テレワークサービスのイメージ

会運営では行事を如何に
自動化するかにかかっています

あらゆるイベントを自動化

会費請求も
いろいろなものに対応

  • 銀行 郵便局
  • コンビニ支払い Web支払い

事務局テレワーク
サービスの特徴

これからは端末の
データ引越は不要

メールの書き込み中に急に外出しても続きをスマホで対応

仕事で使われた時間が
自然と分かる

仕事で使われた時間が自然と分かる

担当者の急な出来事にも
過去の情報が引き継げる

退職、急病など

殆どがタップで容易に一貫した
操作性で運用が可能

殆どがタップで容易に一貫した操作性で運用が可能

組織内活動支援
サービスのイメージ

メンバー間でファイル共有

可能となること

可能となること

事務局テレワーク
サービスとは

事務局テレワークサービスは、公益社団法人や一般社団法人をはじめ、様々な大小規模団体の事務局の仕事である会員管理から会費管理、行事管理などを、仕事のやり方を変えることで、高いレベルの生産性と情報の安全性を実現するクラウド上の仕事場サービスです。

その仕事のやり方とは、毎日毎日同じ場所に同じ時間に集まって仕事をしなければ出来なかった会運営を、同じ時間と場所に集まらなくても、システム化されたクラウド上の仕事場にログインすれば、今まで以上の生産性と情報の安全性の高い会運営ができることになります。

それは事務局の多様な働き方の実現であり、仕事の一部を外部委託しやすくし、結果的により充実した会員サービスを可能とすることでもあります。
こうしたサービスの基本は、仕事情報の全てを一元管理することで実現しています。情報の一元化は情報間の連携を可能にし、結果、生産性を高め、ルールをシステム化することで仕事のミスや重複作業を防止できます。

また、この仕事場では、仕事毎の成果と生産性を見える化していることで生産性に対する意識を高め、仕事に対する評価を容易にします。
事務局テレワークサービスには、事務局の本業に加え、団体を組織する役員会や委員会や部活動に対しても、メンバー間のやり取りから、ファイル共有やメンバーが集まらなくても意見集約を可能にする会議室などのサービスも提供しています。

仕事場サービスとは

便利なツールを集めて活用しても、仕事場にはなりません。
仕事情報の全てを一元管理してはじめて、多様な働き方と高い生産性の仕事場を実現できます。

情報の一元化